« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月18日 (火)

ともちぶろ。~「配慮」への「配慮」~

よく聞く言葉です。
「配慮」・・・「した」とか「しない」とか、「してよ」とか「しなきゃ」とか。

「配慮」って何なんでしょうね。
私は普通に、最低限「気を遣うこと」程度にしか考えていません。
たとえば、こんなこと言ったら傷つきやしないか、なんてことですね。

何でこんなことを書くのかと言うと、
近頃この「配慮」という言葉を、「自分に配慮しろよ」というような、
「権利だけを主張する」ことに利用する、あるいは他の何らかの理由が
あり、自らを守る為にあえてこの言葉を使う人が多いな、と感じたからです。

この言葉は一見すると便利な言葉かも知れません。
でも少なくとも本意は自分勝手に利用するべき言葉ではなく、
正しい使い方をしないといけない、大切な言葉のように感じます。

「配慮」の乱用はやめましょう。
「配慮しろ」と人に言う前に、自分は「配慮」しているのかを見直す、
そんな「配慮」こそ必要なのではないでしょうかね。


みやぎJC会長 佐藤知樹

|

2011年1月16日 (日)

ともちぶろ。~言うこととやること。~

言葉に行動が伴っていない人は好きになれない。
口で言うことだけは立派で、実際にその通りの行動をしない人。

私たちは大人です。
先日、全国各地で成人式が催されましたが、
「大人になる」とはどういうことなのかを新成人たちは考えて欲しい。
まことに残念なことに、周りのいわゆる大人からは学べないかも。
だから、自分自身の頭で、心で、考えてみて欲しい。

大人には行動が伴う。
そして何より、大きな責任が伴う。
そこを見て見ぬふりして、大人の権利は得られないのです。
まずはしっかりと与えられた「義務」を果たしましょう。
そのうえで大人としての振舞いを許可されると理解して下さい。

悲しいことに今の社会には「大人になりきれていない年だけ大人風の人」
が溢れています。権利のみを主張し、義務を果たしていない人。
人には偉そうなことを言うくせに、自分は何もできていない人。
子どもに胸を張って「オレのようになれ」ということができない人。

難しいことではないのです。
大人が大人としてあるには、どうすればよいのか。
みな、その答えは持っているのです。
ただ実行しないだけ。楽な方向に逃げているだけ。

私を含め、このブログを見る全ての人へ。
今一度、大人とは何か、どうあるべきか、考えてみましょう。
そして心を焦がして、真の大人へのさらなる一歩を踏み出しましょう。

2011年度みやぎJC会長 佐藤知樹

|

2011年1月11日 (火)

ともちぶろ。~1/29日は、みやぎJC新年式典!~

早いもので既に1月に入り10日が過ぎました。
まさに光陰矢のごとし。私たち青年に悩んでいる暇などありませんね。
思いたったらすぐに行動に移さねば、好機を捉えられません。

今週、13日の正副会長役員会議を皮切りに、みやぎJCも諸会議が
スタートします。また各委員会もそれぞれ本格活動を開始しています。
そして29日には、恒例のみやぎJC「新年式典」が開催されます。
本年は私のLOMエリア、多賀城市を開催地とし、多くのゲストも招いて
みやぎJC全てのみなさまをお待ち申し上げます。

式典では「所信表明」をさせて頂きます。
同志のみなさまへ、少しでも私の思いをお伝えし、共にみやぎの為に、
「一人ひとりにできること」を実践していく、その決起となるべく、
一つ一つの言葉に魂を込め、お話をさせて頂きます。
どうぞご期待を下さい。(^^)

なお当日は前段で、みやぎJCアカデミー開校式も開催されます。
みなさまのLOMから輩出される塾生を激励下さい。
併せて、お待ち申し上げております!

【みやぎJC新年式典概要】
2011年1月29日(土) 於 ホテルキャッスルプラザ多賀城
 13:30~ 受付開始
 14:00~ みやぎJCアカデミー開校式
 16:00~ みやぎJC新年式典
 17:30~ みやぎJC新年祝賀会
 ◆祝賀会会費:\7,000
※青年会議所メンバー及び一部ご来賓のみ参加可能です。


2011年度みやぎJC第41代会長 佐藤知樹

|

2011年1月 2日 (日)

ともちぶろ~改めて新年の抱負を。

2011年はどんな年になるのでしょうか。
私にとって昨年は激動の年でした。

まずは何よりJC。
前年の理事長職を全うし、日本JCへ議長として出向。
LOMとしても初めての経験で、身近に経験者もいない中で、
手探りの予定者期間を経ての本年度。
今考えればもっともっとこの時期にやっておけば良かったな、
という思いが今さらながら溢れています(それがJCかな^^;)。

日本JC本会の議長職はやはり一筋縄ではいきませんでした。
どうしても東京へ赴く機会も激増し、ほぼ週に2~3日平均。
自動的に会社へ顔を出せる日も激減しましたね。
それでも今は、PCやメールで対応できる仕事も多くある中、
社員たちの深い理解に心から感謝させられました。

プライベートでも大きな出来事がありました。
まだここでは正式報告は控えますが、来月半ばには改めて
ご報告ができる見込みです。また人生が変わりそう(*^_^*)
そんなこんなで今年は、昨年出来なかったことを取り戻し、
さらに輝かしい未来へ向けた種蒔きも行ないます。
そしてしっかりと足元を固めたいと思います。

私は期待を頂くと、それに応えるのが当然と考えています。
頼まれたことは基本的に断ったことがありませんし、
これからもその姿勢を保ち続けたいと考えています。
そして大変素晴らしい経験をさせて頂ける機会を頂戴した
からには、必ずや結果を出し、恩返しをさせて頂きます。
いろいろと難しい環境ではありますが、少なからずご期待を
頂戴しているので、精一杯頑張ってみたいと思います。

ブログタイトルにもある通り、本年はブロック会長を務めます。
矢部先輩以来、4年振り4人目のブロ長from塩釜JCです。
時代に合わせてしっかりと頼られるブロック組織=みやぎJC
を創り上げ、皆さんの役に立つブロックにしたいと思います。

5人の委員長の皆さんにはご苦労をおかけすると思います。
どうか一生懸命ついてきて下さい。私は決して1年ブレませんが、
常に最適な方向へ、舵を修正することは躊躇しません。
私の意見書をひたすら読みこんで頂き、意義をご理解下さい。

そしてすべてのみやぎJCメンバー、11LOMのJAYCEEへ、
私が最も根底の礎になり、皆様の地域における運動の推進を
バックアップさせて頂くことをお約束いたします。

どうか2011の佐藤知樹にご期待下さい。
魂を焦がして、皆さまの為に、地域の為に、みやぎの為に力を尽くします。


2011みやぎJC会長 佐藤知樹

|

1月2日は「仙台初売」スタート。

恒例の大イベント「仙台初売」が始まっています。

今では全国どこでも、年当初の売り出しスタートを「初売」と言うように
なりましたが、実はこういう「福袋」などの大々的な景品付きイベントは
仙台が発祥。「仙台初売」として現在でも盛大に街をあげて開催します。

私の会社でも7~8年前より初売をはじめました。
商品性格上、なかなかお正月にはお買い求めいただけないのでは…
などという予測の元始めましたが、意外や意外、遠くの地へ住んでいる
ご親戚や兄弟などが集まるこの機会だからこそと、お盆にも迫る勢いで
初売は大繁盛しているのです^^;

100年に一度の不景気、と言いますが、私たちの世代は「好景気」を
全く知らない世代。不景気に入りどん底になってから就職した世代なので、
ある意味当時からほとんど変化ない状態、と感じています。
不景気不景気とグチこぼしも始まりません。かえって気が滅入るだけですよ!
「今が普通」なのです。20年ほど前の「好景気時代」が「異常」だっただけ。
今を現実として、しっかり戦略的に頑張りましょう。

私の尊敬する知人がこんなことを言っていました。

「打つ手は無限。」

常にポジティブに、夢をもち、しっかり現実をも見つめて挑戦しましょう。
地域経済の活性は、私たちから始まります。
それこそが私たち青年経済人の、まず取り組むべき義務であります。
オレたちが元気じゃなくて、どうして周りを元気にできるっ!

2011年は、さらなる飛躍を。
行くぞっ!


2011みやぎJC会長 佐藤知樹

|

2011年1月 1日 (土)

あけましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
本年も「ともちぶろ。」よろしくお願いいたします。

今年のステージは「みやぎ」!
またまた徹底的に、魂焦がして頑張りますっ!


凜として。


2011みやぎJC会長 佐藤知樹

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »