« 節目。 | トップページ | Twitterの整理を。 »

2010年9月26日 (日)

65年ぶりの敗戦…。

悲しい。
我が国日本は65年ぶりに敗けました。

いったい何をやってるんですか、日本国政府。
尖閣諸島は我が国固有の領土です。
ただの一度も「領土問題」の対象になったことはない。
沖縄返還の際、アメリカから沖縄本島らと共に返還された諸島です。

どうやら尖閣近海には大量の石油が埋蔵しているとか。
そんな情報が流れた途端に、あの国は主権を主張してきた。

外交ベタ…というのは以前から言われてきた。
そして中国は確かに外交がうまい。

分かってますか?
船長を釈放し国に返すということは、
尖閣が完全なる我が国の領土ではないかもしれない、と
言っているも同じなのですよ。
我が国の領土なんだから我が国の法律で裁くのです。
体当たりしてきたんだよ???

おそらく中国は今回のことをきっかけに、
尖閣を武力支配するのではないだろうか。
まちがいなく中国は軍艦を出すだろう。
竹島と同じ状況になる…。

簡単なことでしょう。
自分のものは自分のものって言うだけ。
きちんと国際社会の場で主張しましょうよ。


あなたのおウチの庭に、他人が住み出すようなものですよ?
我慢出来ますか?

|

« 節目。 | トップページ | Twitterの整理を。 »