« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月11日 (木)

週間ダイヤモンド。

昨日は朝からたくさんお電話やらメールやら戴きました。

河北新報、いわゆる中吊り式の週間ダイヤモンド広告に、

本邦初!
全国葬儀社
安心度ランキング

という特集の記事が掲載され、

宮城県1位…として弊社が紹介されました。

おかげさまで…というところですが、
これはこれとして有り難く感じ、
同時に気を引き締めなおし、更なるサービス向上に努める所存であります。

今後ともよろしくご指導お願い申しあげます。
m(__)m


ちなみにこの特集が掲載された週間ダイヤモンドは、
現在絶賛発売中です(w)

朝っぱらからTEL戴いた皆さん、ありがとうございました!


(社)塩釜青年会議所直前理事長
(社)日本青年会議所「世界に輝く日本」創造会議議長
佐藤知樹

|

2010年2月10日 (水)

あなたのおうちはどこですか。

あなたはナニジンですか?

---私は日本人です。


では、あなたのおうちはどこですか?

---私のおうちは「日本」です。


では、「日本」ってどこですか?

---(日本地図を想像して下さい)



・・・はい!
あなたの描く日本地図に「北方四島」は入っていますか?
国後島・択捉島・色丹島・歯舞群島・・・。


2月7日は「北方領土の日」です。
東京・九段では「北方領土返還要求全国大会」が例年開催され、
また全国各地で「要求大会」が同時に開催をされます。

今年は日本JCの担いで、九段会館で全国大会へ参加しました。
鳩山総理・町村元外相・岡田外相・前原担当大臣・福島党首など、
お歴々共に、我らが日本JC相澤会頭も来賓として臨席され、
元島民の前で、力強い「返還」を訴えるスピーチもなさいました。

Hoppou1 ←鳩山総理のスピーチ



これらの島々は、、、
戦争で負けた日本が、ロシアにとられた土地・・・

って思ってませんか???

ここにまだまだ認知されていない「領土問題」が潜んでいるのです。
話すと長くなるので、専門的な問題は別な機会に記しますが、
端的に言うと、この北方四島は少なくともロシアの土地ではありません。
戦後に交わした条約・協定・宣言上、確かにカムチャッカ以南の、
「千島列島」についてはロシア(当時はソ連)に渡しましたが、
この「千島」に四島は含まれていないのです。

ロシアとしては、広大な国土をもちながら実は、漁業に活用できる
海が少なく、戦略的な意味でも捨てがたい四島を持ち続けたい。
(正確に言うと非合法ながら現在の「実効支配」を続けたい…です)
日本は、狭い狭い国土ながら、実は周囲にある島々による「領海」を
含めるとなんと「世界7位」(!)である、その基となる島々、そして
なにより日本人にとって大切な漁業権をおさえたい…。
もちろん四島で生まれた方々もたくさんいらっしゃる。
彼らに「故郷」を返したい。そんな「互い」なのですよね。

でも弱腰の政府はこれまで、四島に渡るときには何も考えずに
パスポートを提示し、領海内に船が入りロシアに銃撃された時にも、
抗議らしい抗議を行なわず…つまり「実効支配」を黙認している、
もっといえば「ロシア領土である」と暗に認めているようなものでした。

鳩山総理は力強く「必ずや四島の返還を」と言いました。
ある意味怖いものなしの民主党政府。ぜひ強気な外交をして頂きたい。

ちなみに我が国には、こんな「弱腰外交」を原因として、失いかねない
「領土・領海」がたくさんあります。相手はロシア・韓国・中国です。
このまま私たち国民一人ひとりが今のまま「無関心」でい続けたならば、
沖縄が中国のものに…なんていう事態も、10年~20年後には、
現実となってしまうことも、決してオーバーではありません。

自分の家に、自分の庭に、勝手に人が入ってきて住み出し、
「○○年も住んだんだから、もうここはオレの家だ」って言われたら、
あなたはどうしますか?黙認するのですか??



あなたのおうちはどこですか?



(社)塩釜青年会議所直前理事長
(社)日本青年会議所「世界に輝く日本」創造会議議長
佐藤知樹

|

2010年2月 9日 (火)

「小京都」金沢紀行。

今回はJC関係ないネタをひとつ(^^)

私が所属する仙台ロータリークラブにて、姉妹クラブである
金沢ロータリークラブさんとの交流事業に行って参りました。
今年度は親睦友好委員長を務めている関係上、担当事業として、
約20名のメンバーと奥様方を引率し、

東北新幹線~上越新幹線~特急はくたか号

を乗り継いで金沢へ行って参りました。
先回のブログにUPしましたように、途中に通る新潟と富山の、
まさに「雪国」、まさに「日本海」、圧倒的な「厳寒」を目の当たりにし
感動を覚えるまでに至りました。

この日は2月3日。金沢RCさんでは「節分祭」も同時開催、
神事と年男メンバーによる豆まきに参加させて頂き、
夜間例会・懇親会・二次会までお邪魔させて頂きました。

金沢と言えば「かぶら寿司」。おいしかったです(^^)

Kanazawa5 ←かぶら寿司♪

そしてまた金沢と言えば加賀百万石の「小京都」、そして「金沢芸者」。
偶然にも仙台出身の芸妓さんと出会いながら、素晴らしい時間を過ごしました。

Kanazawa4 ←左端の芸妓さんが仙台出身!

ちなみに帰りは日本JC会議スケジュールの為、皆さんと別れ東京へ。
天候不良によって富山~新潟で2度に渡り「除雪停車」。
最終的に2時間遅れで越後湯沢へ入り、東京行きの新幹線へ。
仙台に住んでいるとなかなか味わえない、というか思いもつかない、
雪国の厳しさ、冬の厳しさを体感させて頂くことができました。

ともち@仙台RC親睦友好委員会委員長

|

2010年2月 4日 (木)

日本人って…。

ある雑誌に書いてありました。

日本人は聡明は聡明だが、中国人が言うところの「小聡明」。
一定の範囲内の聡明さに限られ、中国人の方が大局的。
それは社会背景の複雑さの違いにより生じ、日本人は相対的に
揉まれる機会も少ない。国内問題が複雑ではないことで、
コミュニケーション能力のあるリーダーが生まれにくいのだ、と。

確かに国連や外交のステージにおいて日本人の有する
コミュニケーション能力は(とくに最近)他国のそれよりも
劣っているように感じることは多い。

でもそれって、、
「国内問題が複雑じゃないから」なの??

バカみたいに同じ国民同士で争い、人権も何もあったもんじゃない
そんな国に言われたくないね。おたくは「複雑」でよかったですね!
将来が楽しみです(w)


官僚の皆さん、政治家の皆さん。
どうかこういう輩にバカにされないよう、頑張って下さい。
国の利益になることならば、自信をもって言いたいことを言いましょう。
あなた方は誰よりも優秀な方々なんですから。


(社)塩釜青年会議所直前理事長
佐藤知樹

|

2010年2月 3日 (水)

厳寒の玄関。

Kanazawa1



さてこれは何の写真でしょう?


今「特急はくたか」で金沢へ向かっています。
豪雪ですな。


ともち

|

2010年2月 2日 (火)

ホスピタリティ。

まずもって、ご体調をお崩しになられた天皇陛下の、
一日でも早いご回復を心からお祈り申し上げます。
もう少しご公務(祭祀以外)を減らしても良いのでは…。


さてさて、新年式典シリーズも最終章を迎えました。
まずは1/27、こちらは当LOM、塩釜JC新年式典です。
第35代理事長・鈴木俊龍君の力強い所信表明が行われ、
また私も直前理事長として2009年度の御礼を、地域の
方々へ申し上げ、2010年度のさらなるご支援をお願いしました。

1/29は岡田亜紀副議長をご輩出頂いている和歌山JCさん。
さすがは200名の大LOM。西廣理事長の所信表明は、
多くのOBや地域のお歴々の中、厳粛な雰囲気の中でなされました。


Wakayama1_2←所信表明する西廣理事長



会場には08「気高き日本」創造会議議長を務めた豊田先輩や、
当GP担当の吉村副会頭もお出でになりました。
たくさんの和歌山JCメンバーとも名刺交換・交流ができました。
2010和歌山JCは、政治・青少年育成・まちづくりのみならず、
なかなか都市部では困難とも思われる「教育」へも力強く踏み込み、
まちに対してしっかりと意見をしていく、そんな事業計画を拝見し、
心から敬意を抱きました。

Wakayama2 ←和歌山JC2010役員



最後に「あきぼん」副議長の艶やかなウナジをどうぞ!

Wakayama3 ←お着物もお似合いどすな。



遅くまでアテンドありがとうございました。
西廣理事長・笹本専務、そして岡田さんをはじめとする
全ての和歌山心から感謝を申し上げ、2010年度和歌山JCさんの
ますますのご発展をお祈り申し上げます。


そして最後の新年式典は1/30、宮城BC新年式典でした。
こちらの模様はまたお知らせします。

では。

(社)塩釜青年会議所直前理事長
(社)日本青年会議所「世界に輝く日本」創造会議議長
佐藤知樹

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »