« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

新たな「始まり」へ。

本日をもって2009年度が幕を閉じます。
塩釜JC理事長として取り組んできた「笑顔溢れる社会」の創造へ
向けた運動が、いったんその担いを終了することとなります。

このブログでもお伝えしてきましたが、JCは「単年度制」です。
明日から鈴木俊龍君が正式に理事長となり、新たな言葉で、
明るい豊かな社会の実現を目指す2010年度の運動を創り上げ
ていくこととなります。しかしこれらは決して別のものではなく、
同じところを目指して、有機的に結びつき、有効に繋がっていく
ものであって、その効果をさらに高めるものであります。

この一年、このブログでは言いたい放題を言わせて頂きました。
多くの市民の皆様や、JC関係者から様々なご意見も頂きました。
私の理事長としての、あるいは個人的な見解も含めての、
国家のあり方や地域のあり方、国と地方との関係、政治について、
あるいは外交や防衛といった国益を護り続けるための手段、
私なりに猛勉強をして、書かせて頂いたつもりであります。
皆さまに頂いたご意見は真摯に受け止め、今後の私自身の
運動に繋げていこうと思います。

JC(青年会議所)の「理事長」という役職は、軽いものではありません。
社団法人格を有した、公益法人の代表者としての重い責任、
このような時代にすべてを犠牲にして会の為に力を尽くしてくれる
メンバーへの責任、そして地域の「未来=夢」を語る責任。
多くのものを背負って務めていく役職であります。

しかし私は本当に楽しく、幸せな一年を過ごすことができました。
耳障り良く、カッコ良い言葉では言い表すことのできない、
もしかしたら陳腐にさえ聞こえる「情熱」というものに突き動かされ、
さらにはみなさんにお支えを頂いているという心強さが背中を押し、
足を止めることなく一年間取り組めたと思っています。

思い返せば、もっとできたのではないか…そんな風に思うことも
多々あります。でも後悔は全くありません。必ずや今後に繋がる
「糧」となったと確信しています。

このブログをいつも読んで下さっていた皆さまには、心から感謝を
申し上げます。このブログは明日からも、塩釜JC直前理事長ブログ
として継続をする予定です。どうぞこれからもお立ち寄りください。
なお2010年度塩釜JC鈴木理事長はhttp://shun7676.at.webry.info/
にて理事長ブログをスタートしております。こちらもご確認下さい。


私はまだ6年のJCライフを残しています。
明日からは塩釜JCの直前理事長として、
そして(社)日本青年会議所「世界に輝く日本」創造会議議長として、
ステージを変え、気持ちを変えてまたJC活動に邁進をさせて頂きます。
また、たとえJCを卒業しても、生涯JAYCEEとして活動を致します。
「笑顔溢れる地域」が実現するその日まで。

2009年度、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
良いお年をお迎え頂き、
またここでお会いしましょう。


2009年度(社)塩釜青年会議所
 第34代理事長 佐藤 知樹

| | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

天皇誕生日。

76歳になられました。
我が国の象徴であり、誇りたる天皇陛下。
心からお慶びを申し上げます。

皆さん国旗は掲げてますか?

私たちは日本人。
日本の国旗は日の丸。
なんら臆すことはありません。
堂々と日の丸を掲げて下さい。

思想もイデオロギーも抜きにして、私たちの誇りを、
すべてを犠牲にして私たちの為に祈りを捧げる陛下を、
一緒にお祝いしましょう。

これから皇居で一般参賀へ行って参ります。

では素晴らしい一日を。

| | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

感動・感激・感謝。

とてつもないオーラを感じました。
とてつもない優しさを感じました。

1月に再びお会いできることが楽しみです。

Sen1





| | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

不愉快極まりない。

またやってくれました。
岡田外務大臣による天皇陛下の「政治利用」。

呆れてものも言えません。

宮内庁はこのような政府の横暴に、いちいち取り合う必要ないのでは?

岡田さんよ。
重ね重ね申し上げます。
日本国憲法を読み返しなさい。
どんな党だ、どんな思想だ、、、関係ありません。
ルールを守ってください。不愉快極まりない。



明日は2009年度塩釜JC卒業式祝賀会。
大変な貢献をされた先輩がまた卒業されます。
寂しいですが、理事長としてしっかりお送りします。
本当にお疲れさまでした。

| | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »