« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月26日 (木)

愛国心。

「愛国心」という言葉があります。

皆さんは自分が生きるこの「国」が好きですか?
もちろん好きですよね。

でも今この国では、「国を愛している」と言うと、
「偏った思想の持ち主」と判断されることがままあります。
私は皆さんと同じに、日本で生まれた日本人。
日本という国を愛しています。

私たちはまだまだ自分の国について知らないことがたくさんあります。
それは、日本人として知らなければならないこと…であります。
もしかしたらこれは、この国の人々だけなのかもしれません。
私たちは「史実=事実」について、知らないことが多すぎるのです。

私たち日本の青年会議所は、ひとづくり・まちづくりの一環として、
青少年育成・教育、そして歴史検証などにも取り組んでいます。
今年度は私たち自身がまずしっかりと学び、近い将来、地域の皆様へ
さまざまな情報提供、提言ができ得るよう、英知と勇気と情熱、
そして強い心をもって取り組んで参ります。

笑顔が溢れ、やさしい日の光が照らす社会の実現へ向けて。
ぜひご期待下さい。

| | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

JC(青年会議所)における「会議」。

2009年度塩釜JCの「笑顔」を求める運動に、日頃のご協力ありがとうございます。
あと10ヶ月とわずか。全ては地域のために…全力でJC運動に取り組みましょう。

さて、明日は第2回理事会です。様々な案件が上程されますが、
理事メンバーは会を代表して議案を精査する大切な「担い」があることを
充分に理解頂き、活発かつ建設的な会議を持ちましょう。

今年度は「正副理事長会議」を新設し、理事会に至るまで、正副・三役と
2度の諮問を経て議案が上がってきます。これは理事会において
議案の精度をより高めるために、地域へより良い事業を発信するために
行なっていること。意義を良くご理解頂き、理事会議論の材料として下さい。

私はJCにおける一つの「会員メリット」に「会議」があると考えます。
JCの事業が決定する流れ、諸会議での意見とその対応、
一つ一つの質問と回答、真剣かつ侃々諤々の雰囲気。
他の世界ではなかなか経験もできない、真剣勝負が繰り広げられる場であります。

ぜひ理事メンバーの皆さんにおかれましては、会議の場を楽しんで頂きたい。
「会議のための会議」では意味がありませんが、それぞれの事業をより良くするため…
その目的を忘れずに参加すれば、必ずや会議を楽しく有効にすることができるでしょう。

地域のために突き進むJCが、ひいては皆さん自身の、皆さんの会社の、
皆さんの家族ためになる。そんな理想的なJCであり続けたいと思っています。


笑顔が溢れ、やさしい日の光が照らす社会へ
~「一人ひとりにできること」の実践が地域(まち)の未来を築く~
2009年度(社)塩釜青年会議所 理事長 http://www.sgjc.org/
佐藤 知樹(TOMOKI_SATO)

| | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

新年式典など。

1月30日、(社)塩釜青年会議所新年式典を開催しました。
大変多くのご来賓、OB、そしてメンバーへご参集頂き、
「理事長所信表明」として私の思いを披露することができました。

今年度は私は「笑顔」を創造致します。
ひとの笑顔、まちの笑顔、笑顔溢れるステキな未来を実現致します。
そしてそのためには「一人ひとりにできること」が何より大切。
何ごとも「自分に関係ない」とは捉えず、全てに対して「自分にできること」の
可能性を信じて、たとえどんなに小さなことでも、たとえどんなに些細なことでも、
あきらめずに「一人ひとりにできること」を行って参りましょう。

LOM式典には大勢のメンバーが駆けつけてくれました。
彼らがこれから私の思いをカタチにすべく、本格的に塩釜JCの事業を
創り上げていきます。ぜひ皆さん、最大限のコミットをお願いいたします。

Image090130





なお、1/27には仙台JCさんの新年式典、1/31には宮城BLの新年式典、
そして宮城ブロック協議会アカデミー開校式に参加してきました。
アカデミーには塩釜JCから長南正一君を塾長として輩出しています。
寺沢君、大場君の両塾生と、鴫原塾幹事ともども、一生懸命開校式に
取り組んでいました。今後も頑張ってください。

まだまだ対外行事が続きます。。。

| | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »